雇用についてきちんと把握しておきましょう

正社員がおよそ長期にわたって働き続けられるよう、法律等でもその権利が守られているのに対し、契約社員はあらかじめ交わした契約期間が終了すると、継続する契約を新たに結ばない限りそこで終了となってしまうのです。
あらかじめ決める雇用契約期間は、原則として3年以内とされています。
ただし一部専門職では5年以内とされているなど異なるケースもあるので、よく確認しましょう。
雇用される際には正社員と同じく、契約内容が書面で明確にされる決まりとなっています。
給与や勤務日数、勤務時間、勤務地となるところなど、詳細条件が提示されますから、契約を交わすとその条件下で働いていくこととなります。
なお雇用期間の更新についても、契約時に確認することができるようになっていますから、あらかじめ理解しておくようにしましょう。
契約社員は、あくまでも一時的・臨時的な労働者という位置づけで雇用されます。
その他にも、正社員だけでなく雇用保険がかかっているパートアルバイト全ての方に言えることは、雇用保険に関してはきちんと理解をしておいた方がよいでしょう。
何かの事情で仕事を辞めるときや転職をする際に、仕事を失っている期間にもらえる手当てがあります。
今は関係ないと思ってしまいそうなことではありますが、いざとなったときにすぐに対応できる様、そのようなこともきちんと把握しておくべきでしょう。
失業保険ガイド: 雇用保険の失業給付金を受給する方法